ビタミンD

スポンサードリンク

ビタミンDにはカルシウムの吸収を助ける働きがあり、
骨や歯の生成に欠かすことができない栄養素です。

よく、骨を丈夫にするためにはカルシウムが大事であるといわれますが、
カルシウムと一緒にビタミンDも摂取することが大切なのです。

またビタミンDが体内で合成されるためには、
紫外線を浴びることが大切だといわれています。

皮膚がんの危険性があるため過度の日焼けは禁物ですが、
日常生活で当たる程度の日光で充分にビタミンDが生成されます。

ただ、ビタミンDを摂りすぎると、下痢やのどの渇きなどを
引き起こすことがあるので要注意です。